老人の徘徊対策に小型GPS



GPS位置情報・現場急行サービス   ココセコム公式ホームページ

老人の徘徊対策に小型GPS

徘徊老人

徘徊する老人用のGPSとしてあげられるのは、ココセコムなどの警備会社が販売している小型GPSレンタルの検索サービスの他に買取りタイプの機器、携帯電話やPHSの機能などがあげられます。

 

老人にGPSを携帯させる問題点としては、外出時に機器を持たないで徘徊してしまうということです。

 

これらの対策としては、冬であればGPS機器をコートなどの上着のなどに隠しポケットを付けてその中に装着してといおく方法があります。普段持ち歩いているバッグの底に隠しポケットを作って装着するという方法もあります。

 

これらの方法は、必ず同じコートやバッグを使うことを前提としています。同じものを使う習慣をもった老人であれば小型GPSを持って外出してくれる可能性は高いので、もし徘徊してしまい迷子になっても位置検索で居場所を確認すれば探し出すことは簡単です。

 

徘徊対策用GPSの現状
徘徊老人の迷子対策として小型GPSを持たせることの研究は現在も日々進行中です。靴のかかと部分に小型GPSを組み込んで徘徊老人の位置検索をして現在地を確認することは、2014年内に携帯電話会社などの研究によって日本国内で実現する予定です。

 

小型GPSを組み込んだ靴を履いて外出してくれれば徘徊老人の現在地を検索できるものですが、これもGPSが装着された靴を履くことが前提となります。


老人の徘徊には問題点も!

徘徊する老人の大きな問題点の一つに、徘徊していると思われないという難題があります。

 

他人から見て明らかに変だなと思える行動があれば、もしかして徘徊老人では?と感じて、声を掛けたり行動をしばらく見守っていたりすることもあるでしょう。その場合には警察に連絡してくれたりなどの手助けも期待できます。

 

しかし、徘徊していることが他人から見てもわからない場合は、いつまでも行方不明の状態が続くことになります。

 

帰宅する時間になっても家に帰ってこない、信じられないくらい遠い場所にいるなどの異変を感じたときに威力を発揮するのが小型GPSによる位置検索です。

 

徘徊で迷子になった老人をいつでも迎えにいける家族や親せきがいれば、それに越したことはありませんが家族全員が会社勤めなどで時間に融通がきかないケースなどでは、警備会社などが行っているGPS検索による現場急行サービスが役に立ちます。ご家族の老人と同居できていないケースでも、このようなサービスは役に立つものです。

GPS位置情報・現場急行サービス   ココセコム公式ホームページ