子供用の小型GPSで防犯や迷子対策



GPS位置情報・現場急行サービス   ココセコム公式ホームページ

子供を守るGPS

子供GPS

子供用のGPSはセキュリティー会社がレンタルしてくれるもののほかに、携帯電話会社が行っている「みまもりケータイ」や「キッズケータイ」を使った、現在地の確認サービスなどがあげられます。

 

子供が連れ去られる事件などでは、実際にGPS機能を備えた携帯電話の位置情報を確認して、家族や警察が現場に駆けつけるなど事件の解決にも役立っています。

 

ココセコムのGPSサービスについて


子供の防犯用GPSと携帯電話

子供GPS

子供に小型GPS機器やGPS携帯などの防犯グッズを持たせて、子供を様々な犯罪や不審者から守ろうという防犯対策は、最近では学校や自治会、警察、その他の団体などと協力しながらすすめられています。

 

子供用GPS携帯には防犯ブザーや自宅への自動連絡機能が付いていますが、通学、登下校時などの子供を狙う事件例では、犯人が防犯ブザーや携帯電話を取り上げて不通状態にするケースが多くなっています。

 

このように、防犯対策が対応できない場合の方策として、GPSサービス会社の現場急行サービスがあります。もし、GPSの発信が途絶えたら、その場所に専門のセキュリティーサービスが急行してくれるものです。

 

 

子供のGPS携帯電話に賛否両論
子供のGPS携帯電話への賛成意見としては、通学、登下校時などの非常時に手軽に使用できる利便性と、GPS機能を利用した防犯や、犯罪捜査には、安心を得るという価値を評価したものです。

 

また「災害や犯罪等、いざという時に助けを呼べるから」「GPS機能で居場所がわかるので、親も安心するから」といったものが多い意見です。

 

反対する理由は「授業中にいじったりしてしまう。授業に集中できない」「ケータイを持ってない人が、持ってる人の輪の中に入れなくなる」などが挙がっているのが現状です。


子供に持たせる防犯ブザー

価格が安く、子供に持たせる防犯グッズとして手軽な防犯用ブザーは、GPS機器が普及する前に子供や女性の護身用として一般に知られる存在となりました。

 

不審人物などは、このブザーの音で他人に注目されるのを嫌うため効果を発揮していました。 しかし、子供を狙う最近の事件例では、凶悪犯が防犯ブザーや携帯電話を取り上げたり不通状態にするケースが多くなっています。

 

もう一歩踏み込んだ対策が必要になっているのが現状です。

GPS位置情報・現場急行サービス   ココセコム公式ホームページ